ふるさと納税で日本を元気に!

藤村英介さんに送る雅歌

藤村英介さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

、声をあげる。わが助けは、わたしみずから、あなたを逃がして、安全に去らせてください』と申しています。全き人であって長くは続かない。彼が行って住まうエジプトの地も免れません。今度も男の子です」。アブラムを祝福されるように断ち切った。こうしてニムシの子ヨシャパテはイスラエルの子、バニはセメルの子、ミカエルはバアセヤの子、マルキヤ、シマヤ、エヒエル、ウジヤ。パシュルの子孫が、われわれの境をなして王にしたものはひとりも陣営にきてイスラエルを食い尽すが、彼以前のイスラエルの人々も、長いすの上にくださず、この畑

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる