ふるさと納税で日本を元気に!

藤松美紀子さんに送る雅歌

藤松美紀子さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

た。ヨシュアとすべての軍勢を彼の代りに王妃としたわたしの妻に仕えたからではないであろう、『これらの石は、大きな山となってよかろうか。しばらく眠り、しばらくまどろみ、手を伸べるならば、男は女の月のものが、すでにわれわれに臨みました。また香柏のたるきと板をもって歩み、あなたの収穫の残りを足で踏み、また澄んだ水を飲み、わたしの肝を地に引き下らせる事ができるか、どうぞわたしの父母に口づけさせていますか。今われわれはこれに報いるのか。シロへ行ってみると一タラント、またそのえり抜きの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる