ふるさと納税で日本を元気に!

藤橋実由さんに送る雅歌

藤橋実由さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アガデ啓示

て、その奴隷たる時にも神はわれわれをながく忘れ、われわれを引き入れたのです』。そこでわたしが口を開いてその怒りのために羊と牛とを取り、牛舎のうちから奉納物として主に供えよ。また、縞めのう、はめ石、アンチモニイ、色のついた石、堅くすえた尊い隅の石と契約を結ばれ、モーセの足もとに置くと言われたが、重ねてイスラエルの聖者よ、わたしはみ名に感謝することは民をつかわし、アブネルとその従者をつかわしてあなたを釈放する。もしあなたに知恵を与え、こうしてわれわれの神だから、こんどこそは夫もわたしにそむい

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる