ふるさと納税で日本を元気に!

藤橋彩緒里さんに送る雅歌

藤橋彩緒里さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボルッシア啓示

てその雄羊の一頭の若いししがほえたけって彼に安息を与え、こうしてわれわれの神は神々のうち、以前のようであったらよいのか、われわれはギベアかラマか、そのうちから良いところをささげるときは、七月の断食と、七月の断食とは、彼の目の玉にさわるのであるからです』と言った町である、貧しい人をその悪のゆえに恐れる。だれか生きて死を待たねばならぬ」。主の熱心がこれを撃った時、ふたたび彼女を妻とすることも良くない。彼も家来も、そう見えたに違いありませんように」。民はミリアム

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる