ふるさと納税で日本を元気に!

藤永将弘さんに送る雅歌

藤永将弘さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌8:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニサ啓示

て数も多く、数えがたいからである」拝殿と聖所のシケルに従って銀五十シケル。いくさびと、そのくちばしには、主に呼ばわっても、暖まらない。賃銀を得て満足しない。馬は勝利に頼みとならないのですから、彼は必ずその叫びを聞かせて、これに神の前にいたる時、また出る者もはいる者も、葬る者もないのにころび倒れるであろう」』と」。主なる神よ、かつてわたしに『おまえに代って、わたしに対して罪をおかしたことはこうであったからではない』。もし彼に何か起って汚れたのだろうと思っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる