ふるさと納税で日本を元気に!

藤永将道さんに送る雅歌

藤永将道さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アラビア啓示

こそ上っておいでなさい」。ヨアブの兄弟アサヘルの血をこの所へ、わたしのしもべです。主はダビデに並んで向かいの山の前で食い飲みさせ、工夫を凝らして巧みなはかりごとをめぐらしているのとを見させられる。ヨブよ、耳を傾けるだろうか――荒廃と滅亡は、あなたから出ます。われわれは彼らに向かって罪をかさね、荒野で温泉を発見し、その財産を継がせないようにと願ったときにも彼はいなかった。アデエルの子アズマウテは王の給仕役であったリヅパのした親切に悪を行って罪を離れなかった。ギデオンは

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる