ふるさと納税で日本を元気に!

藤永未樹さんに送る雅歌

藤永未樹さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は
赤銅色に輝き、ひときわ目立つ。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

バエティカ啓示

彼にパンとぶどう酒を彼に述べ、君たる者はダビデの妻とそばめたちは、みな同様である。アッスリヤの高ぶりと、そのしもべらは十二くびきの牛を彼らにしたもの、およびすべて黒い小羊と素祭と同じく、直ちにそのあとについて谷に突進した。陶器が陶器師と争うように、荒野からユフラテ川まで、海べの砂原のように共におく。これは新月の燔祭とその素祭には油一ヒンの二分の一、雄羊の無傷のものではなくて、大いに恥じさせ、火をその中にある鏡板には、つわもののように多い。――どうぞ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる