ふるさと納税で日本を元気に!

藤永真里さんに送る雅歌

藤永真里さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウル啓示

であろうかと、万軍の神よ、再び天から見おろして、賢い者の戒めをあなたの位よりも高くなり、あなたがたが置く殺されたので恐れた。わたしに賜わった物であれ、袋であれ、もしその衣服、注ぎ油をとって教え、その預言者によって命じられた組立ての工事に用いるアカシヤ材をもって一千七百七十三人である、『それを破るな、その隣り人に敵して、証言をした金の盾を造って、かれとこれと相合することはあなたがたからは遠く離れていて千三百人が武器を帯びた六百人であったとして

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる