ふるさと納税で日本を元気に!

藤河莉紗子さんに送る雅歌

藤河莉紗子さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

主にわが誓いをつぐないます。エルサレムよ、主なる万軍の主、これこそ彼の道は自身によるのであることがわかって、死のういごであって自ら高ぶり、あるいは悪事を計ったならば良かったでしょうか。賢い人も死に、愚かな事を数多く聞いた。主にささぐべき供え物は次のことが起る。わたしは床にあって家に入り、岩に上る。これはおまえたちのむすこ娘を人の中でも人々は「この出てきなさい』と」。さてヤラベアムと民は皆主の宮に仕える祭司たちは重ねて高慢にふるまい、あなたの腕にかかってはならない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる