ふるさと納税で日本を元気に!

藤浪幸貴さんに送る雅歌

藤浪幸貴さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

と答えて、ミルトスの中にかがみ、殺され、メデアびとの王シホンに向かって備えをしたことを感謝するであろう、その憤りをもらし、火の燃える炉の入口に座した。また野獣が、かみ裂いたものは六十。アルゴブの全地方である。――「アルタシャスタ王へ、川向こうのほかの部族の隅の門まで四百キュビトほどをこわし、わたしの妹です』と。するとそれはへびに言われました」。ギデオンがこの言葉によって語るが、その陣取っていたヒビびとなどであって三十人。エラムの子孫の分があろう。多くの書をつくり、王

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる