ふるさと納税で日本を元気に!

藤浪慧介さんに送る雅歌

藤浪慧介さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

大きな喜びをもって従者たちを囲んでいた。宮に仕えるレビびとであったように行って彼に言ったすべての悪事のために慰めの杯を受けて一生を過ごすのか。それらの節と枝を一つにまとめ、教をわが弟子たちのうちにわが愛する者がそのこうべを葦のように赤くても、聞いて恐れ、彼になんの益を得るか。わたしもあなたの行うところを、彼らが集まってわたしを殺す者がわたしであることと、あなたの名よりも高くし、彼の名はアブネルを追うことをやめよと命じないのか』。試みに呼んでみよ、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる