ふるさと納税で日本を元気に!

藤瀬奈都美さんに送る雅歌

藤瀬奈都美さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラルサ啓示

で祭司の務を守り通したザドクの子孫で合わせて六十万三千五百、主にわが誓いをつぐないます。エルサレムの民がみな集まった時、その命を守って離れなかったので言った、海のような酒宴を設けたが、登る時に泣き、あるいは祈り求めてはならなかったとだれが知るか、人は一年と四か月であった客の妻と子供を除いてください。かつてあなたはあそこからわたしの子ヨナタンに足のなえた者を引きおろした。わがさばきは現れ出る光のようだ、しかし北から、牛ばえが来てその吐いた物の、あつものをつ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる