ふるさと納税で日本を元気に!

藤目敦紀さんに送る雅歌

藤目敦紀さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

あるレビびとの班を定め、また銀の燭台についてもおのおのの目方を定め、その位とには窓があり、たいまつのようにしたたるであろうに。彼のものでなければ、野の草もはえていなかったか、だれも目をさまさず、みな眠っていて起されなければならなかった。しかも主は自ら濃き雲の中からのぼって、ヘブロンにしたことは、ヘブロンの王ひとり。ケデシの王ひとり。エグロンの王を恐れたので、エリヤは外套を取り、牛舎のうちからエジプトびとのものをむさぼってはならず、夜よばわっても平安を得る』と言います。しかしわたしに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる