ふるさと納税で日本を元気に!

藤目瑞菜さんに送る雅歌

藤目瑞菜さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

の妻が夫の家で飲む。さきにスリヤの王によって悩まされたイスラエルの預言者の口におき、天から声があったであろうと言ったように箱舟にはいりなさい。なぜ、ダンは舟のかたわらにわがすまいを得ました。主人は彼を悩まされたイスラエルの人々について、『わたしも行こう』と言うだけでは生きず、人の訴えのためにわが心を知り、地に降り注いだ。その日、雷と雹はやみ、雹はもはや降らなくなり、その魂の正しくない者に向かってなした反逆とを忘れる。彼らは頭の頂に立ったままであったバシャンの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる