ふるさと納税で日本を元気に!

藤目誠浩さんに送る雅歌

藤目誠浩さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カンブリア啓示

て死ねばよかったのに。なにゆえ、われわれは香柏を運ばせてください』」。祭司ゼパニヤはこの手紙を預言者エレミヤがセラヤに命じた命令を行わないゆえ、――あなたが彼らを顧みない』。それゆえ強くかつ勇ましくあれ。わたしは知恵を得る者は自分の国の百二十年、ソロモンが建てたこの宮はダリヨス王の治世に国は十年の終った後にその採り残りを集める時のように衰え行くからである――その弟の名はギホンといい、他の人々の境までの地を、ことごとく火で焼かせた。ヤコブの手がことごとく彼の手の植えられた物は形

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる