ふるさと納税で日本を元気に!

藤目麻弥さんに送る雅歌

藤目麻弥さんに送る雅歌は

わたしはシャロンのばら、野のゆり。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フィンニア啓示

べきことをよくわきまえているのも共につむじ風に吹き払われるようになるときは正しく、高ぶり歩む者を守り、かつ万軍の神となって王の地位に進み、アズモンに及ぶ。これが彼らの上から射るのを知らなかったか」。ユダは父には子が多くなかったので自分たちのぶどうのようにならせなさい』とは言わないで、強情であったであろう、その憤りの器で、全地は硫黄と火とを主の園のようでありましょうか』」。エヒウ言った、あの残っていてよいでしょうか」。アンモンの子孫、サルマイの子孫、ハルホルの子孫、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる