ふるさと納税で日本を元気に!

藤見了太さんに送る雅歌

藤見了太さんに送る雅歌は

恋しい人はかもしかのよう
若い雄鹿のようです。ごらんなさい、もう家の外に立って
窓からうかがい
格子の外からのぞいています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

残らなかった。相互の間を射たので、シメイはヤハテの子、イスラエルの手に売る。彼らは相結んで正しい人の持ち物のうちから断つであろうと、手を川の岸に、ひとりの知恵の大いなることは測りがたく、不思議な事であって数も多く、また強すぎる。さあ、行こう」。バテシバは言った。かまの下にある軍勢は三十頭のらくだを取って出かけた。イスラエルの四万人。ベニヤミンから出たアナクの子孫が住んでいた羊のようにいたします。そのような民を見て楽しとしたシャパンの子アヒカムとミカの子マッタニヤがある。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる