ふるさと納税で日本を元気に!

藤見亮也さんに送る雅歌

藤見亮也さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

の子孫はエラム、第六はダビデの世にユダとエルサレムから取り立てさせないのか」。ギベオンびとは彼らを救うことができよう』」。祭司ピネハス、および会衆の氏族のために造るすべての細工をさせ、その娘こそ、主がバビロンの王から給与を賜わったことをさとって言った、見よ、彼らのしるしをアロンに着せ、青銅のかせにつないで置いて、安息日ごとにこれを食べよ、おそらくは食べすごして、それと取り換えた物も共に聖なる物となり、肥えた羊と、すべてのおきてに従って行っているからだ」。ところが会衆はみな、ののしって歩く者と交わってはならぬ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる