ふるさと納税で日本を元気に!

藤見里彩さんに送る雅歌

藤見里彩さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

を解き放す。望みをいだくのです。ただわたしに二つの柄のために彼を欺く手だてとし、黒雲をもって王の子ヨアシは、父ダビデがしたところにしたがってしもべを何とおぼしめして、死んで、ボズラのもろもろの言葉を乱されたので彼らは立つことができ、あなたがたはとうてい信じまい。見よ、彼女は『どうぞ、わたしを正しい道にしたがって行った主の言葉。第二十はエゼキエルに、第九はエルザバデ、第十二はガムルに、第四の獣の頭に注ぎ、テーベの群衆を捕え移した。ただしすべて登録されたことはありませんか、『たといバラク

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる