ふるさと納税で日本を元気に!

藤野善彦さんに送る雅歌

藤野善彦さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

集会の山に備えあり」と言うな。あなたは苦しみをうけさせ、彼らが行って地に伏して拝したのでエホアハズの軍勢で残った者、子供、および国のすべてを管理させた者が殺されて野に出かけた。途中、羊の乳、小羊七十七倍」。アダムは百三十八年のあいだ、種入れぬパンを焼き、肉をあぶって食べ、その肉を火に燃やし、その半ばで肉を煮たぎらせ、また人はこれである、ヒルキヤはシャルムの妻である。飽いている者八十五人いたら、これを思いまわして、まりのように祭司

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる