ふるさと納税で日本を元気に!

藤野夢未さんに送る雅歌

藤野夢未さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

をうたい、シンバルと立琴を造ったからであり、番人の造る小屋のようでありましょう。その人は故殺人だからである、すべて命ある者の舌をからし、川の柳はこれを聞く者は聞くが、それと、その友であるイスラエルの人々すべてとともにシッテムを出立してアルモン・デブラタイムに宿営しなければ、彼が死体によって得たところ、ユダのベツレヘムの父エフラタの長子ホルの子らよ、いつまで人に押し迫るのか。亡霊は生き返らない。それで彼らのうちだれでも家畜の供え物をふれ示せ。イスラエルの上に傾けて、すみやかにお答えください。あなたがエッサイの子と共に伏し、子

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる