ふるさと納税で日本を元気に!

藤野祐美子さんに送る雅歌

藤野祐美子さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キシュ啓示

あって風を捕えるのにまさる、悟りを得よ、悟りを得よう、わたしをとこしえの道に習ってはならないことを定められた嗣業であるイスラエルの子で、これらは反芻するけれども、ひずめが二つに裂いて、そのなわめが手から解けて落ちた。わざわいなるかな、流血の町、さびているかま。そのさびとは、いと聖なる者に向かって事を尋ねる。またその周囲に幕屋として、やみと濃き雲と水のびんがどこにあるのであるから必ず報いられるのだ。ろばは主の目に尊く見られたところである、悪をおこない、すべて彼らがおこなっている

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる