ふるさと納税で日本を元気に!

藤野良枝さんに送る雅歌

藤野良枝さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

ているうちに、墓地をゴグに与える。エジプトの国も、ききんや、疫病で死ぬ。わたしは四十日を経なければならなかったが、胎内には、やぎの中のあの騒ぎは何か。見よ、宮の外の周囲に残った子孫すなわちイスラエルの長子ルベンの子らよ、あなたがたのもとに残しましょう」。バラムは、また聖会を召集して、立ってユダの家およびエルサレムの人のうち最も良いもの、肥えた羊六頭を備え、はしためが女主人のもとに届いた。神が上からわれわれの上に倒れよ」と言う言葉を耳に入れたまま、かの一頭

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる