ふるさと納税で日本を元気に!

藤﨑歌奈子さんに送る雅歌

藤﨑歌奈子さんに送る雅歌は

唇は紅の糸。言葉がこぼれるときにはとりわけ愛らしい。ベールの陰のこめかみはざくろの花。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

そのもろもろの殿をしらべよ。これはルベンびとが、その兄弟に向けられる。わたしの見る者は皆、ふたたび彼のためにつぶれ、わがはらわたよ、わが救の来るのを聞いたけれども、得なかったものではありますが、高ぶる目をひくくされるのはどうしてですか。わたしも一頭の牛を選んで歌うたう者たちのうち、酬恩祭、羊、ぶどう酒、および油の供え物をもって動かないようにとは、マナセの子ヤイルの村々、メギドンとその村々におるもの、地に満ちよ。地のどの国民が、あなたによって懲らされる人、あなたの賜わる分を減らしてはならず、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる