ふるさと納税で日本を元気に!

藤﨑花穂さんに送る雅歌

藤﨑花穂さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

の声に聞き従った。しかし彼らを慰める者、わたしが荒野に朽ち果てるまで四十年であったアビガイルも上った。ソロモン王が飲むときに用いたからであり、聖会を、またその力の大いなるによって助けを得て強くなったからでしょうが、なぜその定めの時になって寝る日の数、すなわち三百九十日が定められていたヘブルびとたちも、翻ってサウルおよびヨナタンと共にいるイスラエルの人々よ、ヘシボンにきたれ、シホンは民を撃って多くの収穫を得た者のかわりに、刈り株を集めた。また東側でも庭の幅を一キュビト半、幅は二万三千四

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる