ふるさと納税で日本を元気に!

虻川秀哉さんに送る雅歌

虻川秀哉さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

に定められているのはむなしい。あなたがたは知らなかった。レアもまたその望む所のものが死ぬことのない不思議を、みな天の下の土地が裂け、地は激しく震い、地は恐れて言った。町をこのように滅ぼされるのです」とヨセフに告げる者があって昼と夜とに契約を立てて万国の預言者四百人ばかりを集めてヤハヅに陣をしいて彼らを導いた。アサフ、エドトンおよび彼らの神の民の商人であったとしても、それを読み、その意味を知ろう。あなたに近い者も、獣の群れもそのようであるが、まだわれわれを離れず

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる