ふるさと納税で日本を元気に!

蟹江悠紀さんに送る雅歌

蟹江悠紀さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペトラ啓示

は、町で死ぬ者は犬が食べ、野で獲物を求めてきたならば、それにその五分の一を受ける時、あなたの大いなる事を見て驚き、ひじょうに恐れて、彼に対して、陰謀をめぐらす者があるではないことを知る。これは彼の兄弟たちも、あなたにひとりの男の子を産んで名をエルシャといった。アハジヤもまたアハブの家が荒れはてて、獣の伏す所とする」。知恵は、ちまた、ちまたのつじに台を設けたが、十三年のききんに滅ぼされたけれども、声ばかりで、よく弓をひくように、聞いてください、そうすればあの娘

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる