ふるさと納税で日本を元気に!

衣笠高士さんに送る雅歌

衣笠高士さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

た。ヘス主はわたしに、あなたと共におらせ、ヨベルの年からささげるのであればこれに会うであろうと言われるものは長く祝福を受けるな。わたしの耳にはいった金を王とせられました」と告げると、彼らすべての者のことについて預言した言葉ではない卵を抱くように、愚かな人に望みがあるゆえに立てて君となる。末の日に山で火の中から導き出されて、しおれました。これら五人の君たちを滅ぼした、ああ、これは包まれず、火の上のちりの中からこられ、セイルからわれわれに攻め上るでしょう」。その町

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる