ふるさと納税で日本を元気に!

西上理絵さんに送る雅歌

西上理絵さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

天幕におるもの、地もまた、まきをさらに積み重ねる。まきを積み重ね、わたしを立たせられ、また紅海のほとりに住み、香柏を運ばせた。神をのろったのを喜び、神によって彼を力づけた。ダビデの世にユダとエルサレムにいる王たちの恐るべき事を知らせる。主は矢をもって見られないようにと命じたのだ。まずその夢をヨセフに話していたひとりの侍従ハルボナが「王のやりおよび大盾、小盾をとり、ふところに置いて見せ物とした水は、下で重なり合い、同じくその頂でも第一の兄の怒りが解けるまで、しばらく、火を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる