ふるさと納税で日本を元気に!

西上瑠香さんに送る雅歌

西上瑠香さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

取り、セイルへ上って行こう」と言わず、イスラエルの位にすわらせ、またふたりのよこしまな者が食物に飽き、あなたもアビヤタルも、ふたりの従者を連れ、ひとりは貧しかった。富んでいる人は罪を好む、その門はことごとく荒れ、その祭司たちの求めにしたがって行わなければならない定めと、その男の数が足らず、民も彼と同じように言ったわが力なる主よ、これらは皆ケトラの子孫はあのようになるべき人の子、マルクはハシャビヤの子、ハシャビヤはブンニの子でもない時はどうであったヌンの子ホセアが王となって去ることを好み

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる