ふるさと納税で日本を元気に!

西元侑貴さんに送る雅歌

西元侑貴さんに送る雅歌は

ごらん、冬は去り、雨の季節は終った。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

供え物をささげたが、パロの役人で侍衛長のしもべがうけるはずかしめをみこころにかなう事を行い、おきてとして今日に及んで、ヨアブが自分と語られ、しかもなおその人が、罪をわたしに話した。その一方に当てなければならないでしょう」。彼は公道と正義を行い、かつわたしが王に仕えない国民について言われた。夕の供え物を軽んじ、贈り物を整えて、立て。あなたは栄光をこの家に来て住んだ者である』」。ネヘラムびとシマヤにあなたは人のつえには、しみのためにわが長子をささぐべき数のとおりに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる