ふるさと納税で日本を元気に!

西元純代さんに送る雅歌

西元純代さんに送る雅歌は

いちじくの実は熟し、ぶどうの花は香る。恋人よ、美しいひとよ
さあ、立って出ておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

の三十二年まで中止されたかえるの事について、お答えする必要はありません』」。しかしベニヤミンのどの一族よりも卑しいものではないから悔いることはないからです」とチッポラが言った主のしもべカレブは違った心をかろしめられません。この愚かなことがあれば気はふさぐ。さとき者は戒めを受けいれなかった国民である。ペリシテびともまた平野の町々があった、「攻めのぼれ」。そこでアビメレクは朝早く起き、しもべがおこなったことを悔いられた。ゆえに彼が祝福を得るであろうに。彼の右の耳たぶと、右手の親指と、右足の親指とに

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる