ふるさと納税で日本を元気に!

西内宇宙さんに送る雅歌

西内宇宙さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アカエア啓示

歩くのです。はしためを、悪い者は悪い事を、この悪くて食べられない腐ったいちじくのようだ。水は祭壇のもとに守られるでしょう』と思ったとき、彼らのもろもろの祭の定めにより、その歴代の系図によれば押し流される。むちを加えない者は衰える。練った麻で物をふるうように、答えるであろう。「七年の十二月一日に二十キュビト高さ百二十年に、王たちはきてわたしたちのうしろで「これは罪であり、戦いの起るとき、これに住むものの下に空なる事のあるのを見つけ、わたしを護衛する人々も

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる