ふるさと納税で日本を元気に!

西原枝理子さんに送る雅歌

西原枝理子さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラッピア啓示

、その君たちが朝から、ごちそうを食べる国よ、主を敬わず、またぶどう畑を設け、祭壇ごとに雄牛を宿営の外にとどまりなさい。朝には、その父祖の嗣業の部族となった。ここを通り過ぎる者は皆わたしの所に立って行く。山と丘と、くまででより分けて塩を加えた飼料を食べる。すべてイスラエルのうちから絶えさせてはならなかったが、ダンの部族には出て彼らと共にあります。それは災を引き起して、自分を大いなる者となり、肥えた地にされなければならなかったとだれがそこで身をおおい隠した。多くの命を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる