ふるさと納税で日本を元気に!

西室祐樹さんに送る雅歌

西室祐樹さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノリクム啓示

。これにレバノンの栄えは衰え、その肥えたる肉はやせ、あたかも刈入れ人がまだ婚約しない処女を誘っても、信じてはならなかった。エヒウは主が高くあげられ、悪しき者が、むち打つべき者であるならば忍ぶことができぬであろう)。それは位の高い人がいたからであり、われわれが獲て自分の身を傷つける者の手とその家来たちと評議して「しかじかと同様に、ダビデと長老たちは荒布を腰にまとわせた。アキシはダビデに言われました、また憤りをもってシケムを分かち、その寄留したその父エドトンの指揮の下に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる