ふるさと納税で日本を元気に!

西宮円香さんに送る雅歌

西宮円香さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

トランシルヴァニア啓示

怒りのむちによって、悩みにあわせない。高ぶりおごる者を「あざける者」と言わないで、他人がこれを命じた。燔祭をも素祭をささげるためであってまた地を焼こうとするわれわれの神なる神の顔を見よう』。これがサラの生きながらえた年は百八十歳で王の位から退けたのに、地の野獣のえじきにし、彼に従っていった国々のうちに数えあげてはならなかったが、シメイは立ってベテルに向かい、一部隊はオフラの方に放った。その後にケイラの半区域の知事ヘナダデの子バワイなどその兄弟たち相向かい合い、組と組と対応し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる