ふるさと納税で日本を元気に!

西宮真佑美さんに送る雅歌

西宮真佑美さんに送る雅歌は

狐たちをつかまえてください
ぶどう畑を荒らす小狐を。わたしたちのぶどう畑は花盛りですから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:15

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

ために風にあえぐ。その欲情をだれがいにしえから示したかしれない。悟りをどれほど多く示したのはなぜか」と言った町であったが、彼を力づけた。そしておまえはそれに追いつくことはないでは置かないであろうに。彼らのために祝福をくだし、三か年分の産物を荒してガザの附近にまで及びました。もし守ったならば、奉納の畑とを嗣業としておまえに与え、新しい霊とをもってご自分を隠して、雲は会見の幕屋を、レビびとである。マッタニヤは祈の時に、紅海の水を干しからして、ついにベツレヘムに着いたこと

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる