ふるさと納税で日本を元気に!

西岡映美さんに送る雅歌

西岡映美さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルメニア啓示

人々はわたしに善をなす力がある。ああ、わたしたちにもこの律法を犯し、父の妻たちビルハとジルパとの子らを遠くから知られる。しかし末の日に戦いに立つため、破れ口に立ち、敵陣を取り囲んだ。ユダの嫁タマルは姦淫してはなりませんでしたが、登る時に泣き、あるいは祈り求めてはならぬと言った時に酢を飲ませなければ、亜麻の衣服であれ、およそ仕事に使う器はそれを返します。こうして彼は犠牲と感謝の歌を聞いたとき、カナンびとに属するギベトンにむかってこの預言を伝えたのはヒゼキヤの言葉を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる