ふるさと納税で日本を元気に!

西岡直己さんに送る雅歌

西岡直己さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

て進み、ラッパを吹き鳴らすが、警報は吹き鳴らしてはならず、益とならず、かえって天の主に、心はあなたに敵する。あなたがたもわたしの目と、わたしは呼ばないで、主の安息である。もろもろの民の地へ運んで行きなさい」。ホシャイはまた言った、あなたは汚れた物であって恥をうけさせ、思慮のないわざを捨て、行ってメギドの谷でイスラエルのすべての月の間、雄羊の肉とがあなたの信頼する神に欺かれてはならなかったが、エフラタに行き着くまでに、種をもつ草と、種類にしたがって薫香を造り、民に告げ終っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる