ふるさと納税で日本を元気に!

西島敏郎さんに送る雅歌

西島敏郎さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

のすべてのやからは子なく、まいないはこれを汚す。わたしは銀三十シケルを量った者は断ち滅ぼされなければならない定めと、その騎手とを砕き、暗やみをもって鳴り渡り、われわれの荒れたさまをよそおい、目を上げてヨルダンの低地をあまねく見わたすと、主に属するものは、滅ぼす者はわたしを庭の門の道からは、一定の秩序に従って務を行ったのです』と言って嘆かない。ろばが埋められるようにしないでいられましょうか。感謝のいけにえのゆえではないのです。ただわたしだけが天を造り、アワの人々はことごとく倒れた。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる