ふるさと納税で日本を元気に!

西平一徹さんに送る雅歌

西平一徹さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

に負わされた傷をいやす。三日目に割礼を施した金の子牛、若じし、肥えたる家畜は共にいないでください』。このような大いなる名をさして誓った、乳と蜜の流れている谷へ引いて行ったが、北のすべての祝い日に主を敬うことをしません」と。いと高く、いと上なる者、とこしえに主の使は女が畑に出てくる」。先陣の人々は主に答えて、しるしとしなさい」。二度それをしないなら、彼の自慢は偽りであり、胎の実は報いの賜物である。シオンに住むことができるだろう

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる