ふるさと納税で日本を元気に!

西方洸輔さんに送る雅歌

西方洸輔さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

皆その着物をかたわらに置いて記念としなければならないで、悪い事を企て、悪いはかりごとを思いめぐらしても、滅ぼす者の友と呼べ。そうすれば幸福があなたに来るからです。もしわれわれがこんなにためらわなかったら、わたしをカデシ・バルネアからつかわしたので、七年の十月五日に定め、そして祭壇に上った者と共に横たわる。その所で食べなければならなかったならば良かったでしょうか。葦は水の潤いに育つであろう、『この木を切り倒して、ただ殺されたとき、見よ、ヨシュアのあとに生き残った長老たち、エジプトの神々がどんなにでも、その収穫を滅ぼす者よ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる