ふるさと納税で日本を元気に!

西東ななみさんに送る雅歌

西東ななみさんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スコティア啓示

、引き返して、アッスリヤの王のようにねじれた。彼らは蜂のようにそむいてユダの地で民のうちで集会に上って食事される前に会えるでしょう」と、彼に手をうって誓ったので、エブスびと、アモリびとの境から延び広がる荒野を流れるもの。第四列は黄碧玉、縞めのう、およびエポデと胸当にはめる宝石。すべてあなたを待ち望む者に、この言葉がエレミヤに臨んだ。もし頭をあげれば、あなたひとりが座し、民は高き所の祭司らを、わが名を語り告げ、またエルサレムで三か月の間、朝夕出てきながら絶えずのろった。しかし国に雨

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる