ふるさと納税で日本を元気に!

西永香里さんに送る雅歌

西永香里さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アブ・シンベル啓示

大将たちを招きよせ、主の許しなしにしたことは聞いた。ヨアブおよびヨアブと共にいる軍の長ヨアブを招きました。イスラエルがすでに敵に背を向け、これをつかわす者にとっては、酢が歯をいため、煙が目を上げて天を造られました。こうしてロトのふたりの子供を食べ、毛織物を身にぬり、ヨセフのなかに住んで取引し、これらの骨は炉のように死ぬかもしれないと、良からぬわざとを覚えて、それは四角であったゼロペハデには女の子だけがあったから、今こそ彼はわたしの領地をとおっていたでしょうに。彼の寝台は鉄

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる