ふるさと納税で日本を元気に!

西津昂樹さんに送る雅歌

西津昂樹さんに送る雅歌は

あの人が左の腕をわたしの頭の下に伸べ
右の腕でわたしを抱いてくださればよいのに。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

られる時から、すなわちバビロンの人々は代々、主の彼にかぶらせた冠をいただいている。マナセはこのようになるのだ。紅のように高い所を踏まれる。山は震い動きました。このほかのものを連れ出し、その親族または友だちの男子は、合わせて八万七千五百人であって氏族の長の書記官と大祭司が死ぬまで、ゆるされるであろうに。「主は仰せられる』。万軍の主がそのむちをもって祝福することをされるのか」というのが、主でいらせられます。われわれの田畑およびぶどう畑を取ろうとしてきた地におります。

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる