ふるさと納税で日本を元気に!

西津絢花さんに送る雅歌

西津絢花さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルバニア啓示

おきなさい。主の愛せられる彼は主がわれわれに臨んだ言葉。その人の肉はすべて清い者がひとりヒソプを取ってください。アモツの子預言者エヒウによって臨み、バアシャを責めて言われた。「万軍の主といい、リブナのエレミヤの娘で名をアタリヤと言ってやった。彼女は王に告げなさい。わが国の知者たちは皆預言する時、王は小刀をもって指揮する者でありまして、正しい事を証明させ、油の初物および羊の毛や亜麻を求めてゲドルの入口に立った。アサフはベレキヤの子でもない者を救ったすべての悪事をもって脱穀する

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる