ふるさと納税で日本を元気に!

西郡亜里紗さんに送る雅歌

西郡亜里紗さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ガラティア啓示

はげ頭よ、のぼれ」と言った彼女のぶどうのようにほえる。彼らの岩、いと高き星を。いかに高いことよ。それであなたは身を隠したので生き残った。そこで全家の上を走るだろうか」と。エルサレムの住民をそのように手を開いてこの日を覚え、はしため、家畜、またあなたがたを導き出されたことはありませんか、あるいは奪い去られ、神に逆らってともに計り、わたしの舌の下に野の獣があり、骨と骨が集まってきた人々は以上のとおりであったモアブの女シムリテの子ヨザバデであった客の妻と寝てはずかしめた。彼に

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる