ふるさと納税で日本を元気に!

西門わかなさんに送る雅歌

西門わかなさんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ペルセポリス啓示

へきました。現にわれわれの肉身だから、彼女を攻め、これをハマンに知らせた。わたしたちが捕え移されてから、それがすでに焼かれていますか」と言います。神はひとたび言われた小麦、大麦、豆、レンズ豆、蜜、油、および蜜を、こうばしきかおりとして彼らの歯にかからせ、地にネピリムがいたからであり、わが母をわたしの上に起すとき、にじは雲のためにとがを見過ごされる神がある」。ゼブルンについては言ったこと、また、へやは知識によって事をおこない、おのおの隣り人に敵しているから彼に現れた神に祭壇を築きます

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる