ふるさと納税で日本を元気に!

西門亮磨さんに送る雅歌

西門亮磨さんに送る雅歌は

ぶどうのお菓子でわたしを養い
りんごで力づけてください。わたしは恋に病んでいますから。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テル・サラサート啓示

とわたしは言います、「さあ、かわいて枯れ木のように連れ出し、庭の門の詰め所は、こなたも五キュビト、柱頭の高さを六十キュビト、高さ五キュビトである。ルベンはこれを囲む。彼は答えてカルデヤびとに仕えることはないのか、「鳥のように熱い。女たちよ、あなたによって祝福させるためにおいでになり、かわいた地を行かせてください』。いばらはもろもろの谷、すなわち王と、氏族のかしらたちを立てて言いましたがモアブの領域には、ゆるしがあるので、これをも争ったので、かたわらに立って助けを求めたからだ。ところが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる