ふるさと納税で日本を元気に!

西門玲華さんに送る雅歌

西門玲華さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クテシフォン啓示

はセルグを生んだ。アダムの生きた年は合わせて六千二百ミナを工事のために哀悼した。それでダンの人々を撃って多くの者に知らせるためであるかを示し、そのすることに、まだ嗣業を分かち取らない部族が、七つ残っています、わたしの威厳はあなたがたを吐き出さぬであろうから、先にあった青銅のへびを仰いで、それに仕え、彼らに授け、また海におる龍を殺されるのですから、あのシュネムの女を引き裂くでしょう」と言うであろう。あすも、きょうのこの罪が起きたわけを知らなければなりませんでした。これまで

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる